齋藤一徳秘伝のカレーレシピ

齋藤一徳にとってカレーとは

 

インドの国民食であるカレーですが、もはや日本でも国民食と言って過言ではない程、カレーは日本中で食べられています。

 

日本はインドとは違い、インドカレー、グリーンカレーなど様々な種類のカレーが楽しめ、北海道発祥のスープカレーといった独自の進化も遂げています。

 

けれど、私たちが好きなカレーといえば、やっぱり家で食べるカレーですよね?

 

幼い頃、夕飯がカレーなのを楽しみにしていた人も多かったと思います。

 

カレーは一度に多くの量を作れるので、次の日の朝ご飯もカレー。

 

そして、みなさん経験あると思いますが「一晩ねかせたカレーはおいしい」んです。

 

実はこれ、勘違いではないのです。

 

一度冷ますことによって、具材の旨みや甘みがソースに溶けだしてコクが増し、成分が微妙に絡みあうことで独特のコクが生まれることがわかったんです。

 

なので、夕食に一晩ねかせたカレーが食べたいと思ったら、一度冷まして下さい。

 

氷を入れたボールに、カレーの入った鍋をそのまま入れます。

 

そして、温度が下がったら、また火にかけて温めなおします。

 

単純なことですが、この単純作業で一晩ねかせた美味しいカレーが楽しめるんです。